プンクチル日記

3ピースバンドpunkchill(プンクチル)の日常

NCT127 にハマっています

ばくっす。いまNCT127の「Ay-Yo」を毎日のように聴いています。

このアルバムは、先に発売された「疾走 2Buddies」のリパッケージで新たに3曲追加されてる以外の12曲は同じもの。

最初わたしは、単に足すだけ?とリパケには懐疑的だったのですが・・・いやー恐れ入りました!

その新しい曲が入ったとたん、他の曲も、いきなりめちゃめちゃ輝きだしたんよ。

特に、タイトル曲の「Ay-Yo」とんでもない魔法がかかっていると思う。この曲だけを聴きたくなるのではなく、アルバム全体の流れに浸りたくなってしまい知ってる曲も含めて、無限におかわりしてしまうんですよ!

いやー 音楽ってやばいね。こんなことができるもんなんですね!!驚きました。

音楽の魔法を久しぶりに感じたよ!!!

繰り返すが、同じセットリストに先頭と、真ん中と、ちょっと後ろの方に3曲入ってるだけなんだが、それに留まらない何かを感じるなぁ。まだ昨日から聴いてる段階だから、また気づいたら細かい話を後で書くと思います。

リパケするにあたり、ミックスも変えているのかな?と思って聞き比べてみたけど私にはよくわからなかったですね。

でも、その曲が入らない状態では、もう二度と聞けないんですよね。もう、なんつか、物足りなくて。

その新しい曲たちによって、アルバム全体の曲の輝きがはちゃめちゃにパワーアップしてしまい、アルバムの世界観や曲の解像度、色彩の豊かさとかも、全然違って聞こえるんですよね!!!!

書きながら、めちゃめちゃ興奮している。

これは本当にヤバい作品や・・

ほんでもって、これが最初から計画されてたことだとしたら、本当にすごいな!

どえらいことを考えた人がいるもんだよなと思う。かなわない。

てーば!(韓国語でヤバい)

映画もディレクターズカット版とかあるけど、賛否両論になったりするもんね。あのシーン切らないほうがよかった、だの、余分だった、だの。

でもアルバムはいいところへ追加されるだけだから、大成功どころか、素敵なところがめちゃくちゃ増強されるわけです。ジャケットデザインも新しくて、だけど、ちゃんと前のアルバムの魅力も残っていて、より完璧な分かりやすい姿へ生まれ変わっているんだよねえ・・

まあ、とにかく猛烈に感動した「Ay-Yo」でした。

みんな聞いてみてほしいよ。

ばく

夢想家で悪いか

こないだアイカツ観た日、ONE PIECE FILM REDも観たんよー。

ウタちゃん…うわあああー!

夢想家のなにが悪いねん。

ずっといっしょに夢みてたい。

なのに村人たちが「あのー、仕事あるんで…」て言い出すのつらすぎるんやが。

うっうっ

 

さっきイノタケ先生にファンメール送った。

ここ2ヶ月くらい頭の中でずっとお便りしたためてる状態が続いてたので、ちょっとすっきりしたー。

 

今日で1月も終わりかあ。

寒いけど頑張ろね。

 

 

とみへん

アイラブユー

毎日、ルーリードのアイラブユーを聴いて

ああ今日もルーリードに愛されてるなあ

て錯覚しながら幸せに生きてる。

わー。

 

先日アイカツの映画観てきた。

まだネタバレあかんのよな?

あのねー、泣いた。

スターライトの人たちのステージみて泣いた。

前の映画も初っ端から号泣したけどね。

うわあ、そこに、アイドル、生きてる。

そんでわたしのほう向かって歌ってる。

泣くだろー。

昔、ジェーンバーキンのコンサートで、ジェーンがこっち向いて歌ってくれたの思い出した。

あのときもブワッと涙が出てきて、隣見たらあたろうも泣いてたな。

あはは

 

てゆーか、スラムダンクの映画も目の前で湘北バスケ部が生きてて、それだけで泣けるんよ。

わー!生きてる!ってなる。

まだ観てない人、映画館で観てください。

今日も出先の大人たちにオタク特有の早口でおすすめしてきたわ。

 

スラムダンクて90年代の話やから、登場人物わたしと同年代なんだよなあ。

いろいろ思いを馳せてる。

リョーちんとアヤコさん結婚してたらええな、とか。

岩鬼が夏子はんと結婚したから、花道も晴子さんと結婚できたらええな、とか。

そんなこと考えてるだけで幸せ感じてる。

 

ふわあ

頭の中のお花畑が狂い咲いてる。

死ぬまでこの調子で生きてられたらいいな。

 

 

とみ変

令和5年

中坊のリョーちんとか中坊の次元とか

令和の今みれるのってすごない?

かわいすぎるんですけど。

孫みたいにかわいんですけどー!

ホッホッホ(安西先生

 

めちゃ楽しい時代だわ。

毎日またスラムダンク読んでる。

15年くらい前、通勤にスラムダンクとバスケットボール持参してたの思い出した。

 

毎日つらつら考えてんだけど

イノタケの魔力って、矢野顕子忌野清志郎の歌の魔力に近いものがある。

まっすぐわたしの心に届くというか

あれ?これ、わたしのために?と錯覚してしまうんだよね。

錯覚だということはわかってるつもりなんだけども…イノタケ先生ありがとう、て気持ちが溢れてくるよ。

 

やべー

 

 

とみこ

わーみてみて

f:id:punkchill_web:20230104063526p:image

 

わたしの日記にショーホクが!

やったー!!

こんなに嬉しい広告はない…。

 

寝ても覚めてもスラムダンクのこと考えてて

どないしようといった感。

 

はっ

あけましておめでとうございました。

今年も楽しくやりましょう。

 

 

とみへん2023

あきらめない女

ってタイトルでさ、2006年に日記書いてた。

イノタケにめちゃくちゃ狂ってるときで…なんか狂信者というか…なんでイノタケ先生って人を狂わせるのか。

以下、抜粋。

 

 

あきらめない女
2006年11月25日

おう、オレはとぺんみ
あきらめの悪い女…

 

緊張で失禁か嘔吐かどっちかやらかしそうになりつつ
DRAW試写会、行って参りました。
イノタケ先生の挨拶もなく、ストイックな映像を2時間。
ただでさえ緊張してるのにさらに緊張感のある映像で
神経が悲鳴をあげるかと思った、息できんかった!
なんじゃあ、あのちょーカルト映像!(ほめてます)
2時間神経張り詰めっぱなし…まじやばい。
イノタケ先生、まじはんぱねえ!はんぱねっす!ギャー!

 

と、息も絶え絶えに会場を後にしようとしたのですが
どうしてもご本人にお会いしたくて
生まれて初めて漫画家の出待ちを敢行いたしました。
しかし、いつのまにか会場を去った先生…
会場の人にも「もういません」と冷たくあしらわれ…
もうおしまいか、と思った瞬間だった。

 

ぎゃー!イノタケ先生が渋谷を闊歩しておられるではないか!
ぎゃー!サインください!握手してください!
これ、プレゼントのジミヘンCDです!聴いてください!
と、怒濤の攻撃をしかけるも
イノタケ先生はちょー男前にニッコリ余裕の笑みを浮かべ
非常に紳士的でまじ掘れた、彫れた、惚れた。

 

その後、地に足がつかぬ状態で渋谷を後にし
電車で自分の右手をぎゅうと握りしめ
抑えても浮かんでくるキモい笑みを噛み締め
なんとか帰宅した次第であります。
ほんとうにありがとうございました。

 

 

あのー、やばない?

ジミヘンのCDはね、武蔵が人を斬りまくってるときにわたしが聴いてたからだなー。

それを手紙にしたためてお渡しした記憶。

当時ファンレター書きまくってたわー。

昔の日記読んでると自分がアグレッシブ過ぎて、ほんまに自分か?てなるな。

いや、自分を突き動かす誰かが常にいるんだよね。

 

ほんで、未だにイノタケ先生に狂わされてるというわけだ。

ファーストスラムダンク、3回観たけど

正月明けたらまた観たい。

いま日本中にわたしみたいな狂信者が溢れているのだ。

なんでやろーなんでやろー

っていつも考えてるんやけど、やっぱり絵がうまいんだな。

the birthdayのかかるオープニング映像と劇中の10-FEETかかるとこ、まじで何回でもおかわりしたいんやがー!!!

うまい絵とかっこいい音楽のハーモニクスはやばすぎるんじゃー。

脳汁がー出るんじゃー。やば。

 

内容に関する話は語り始めるとめちゃくちゃキモオタになるので我慢してるわー。

あかーん。

 

 

とみ変もうあかん

スティーブ・ライヒ プロジェクト

ばくっす。
先日、スティーブ・ライヒの曲を演奏するプロジェクトに参加しました。
ライヒって名前くらいしか知らないけど面白そう、くらいの軽い動機で参加したが
しっかり難しく、やりがいもあるしで、すごい楽しかったです。

私たち一般の部はワークショップを経て、ハンドクラップの曲をやりました。
AとBに分かれて、手拍子で同じリズムをやるんだけど、
途中から輪唱みたいにずれていき、リズムでハモる状態になり、
最後はまたピタッと合うように作られている。
A面とB面がぎゅんと裏返るような感覚が来るのがおもしろかった。

プロジェクトをまとめている加藤訓子さんの拍手は、たった一発鳴らすだけで
そこらへんに舞っている余計なものが全部ふっとんで
きれいに払われるような音だった。音の説得力がすごい。
適当な一打とかないんだよね・・
いつでも音色をよくすることに集中しているんだなと思った。

そのほか、若手の音楽家たちが15人ほど参加して、ライヒの曲を生演奏したんだ。
マリンバやグロッケンなど鍵盤打楽器、クラベスやボンゴ、オルガンや
ボイスのパートもあった。
全員がビシッとタイミングをそろえて音を鳴らすところが
ほんとかっこよかったです。
邦楽の鼓とかも、空間を切り裂いてパン!となるのが気持ちよいが
ちょっと似ているなと思った。

そしてマリンバって、同じリズムをはてしなく鳴らしていると
倍音が鳴ってきて、鳴らしていない音が自然に聞こえてくるんですよね。
なにかが湧き出ているような音がしてくるんです。
頭の中には、きれいな沸き水の映像が展開する。
シダの葉っぱの生えた岩場の薄暗がりから、きれいな水がたっぷり
こんこんと沸き出ているような。


たむたむたむたむ………

とむとむとむとむとむ…


そのうち自分の境界がなくなって、意識が水そのものになってしまう。

そしてグロッケンは粉雪にふんわりと埋まるような、清潔で厳かで心地よく
サクサクと清らかで、これまた好きだった。


演奏してない音は、聞いている場所によって違う音が聞こえるらしく
他の参加者からは、数をカウントしてる声が聞こえたといった人もいた。
倍音の組み合わせによっては、そういう音になるのかなあ。
録音を聞いたんでは、こうはならない。得難い体験をしました。
定期的に生演奏が聴けたら、めちゃめちゃ整ってスッキリするだろう。
そういうメンテナンスができる場所があったらいいのにな。

 

ばく