プンクチル日記

3ピースバンドpunkchill(プンクチル)の日常

黒やら赤やら/祝祭の呪物展

ばくですよ。昨日も今日も暑いけどカラッとしてるね。このような気候はフェイクサマーと呼びたい。本物よりも軽く扱いやすいから。そ、そんなことより……7 MEN 侍のグローブ座、自分の当たった日はコロナで中止になってしまったんだ……

ううう  

仕事における全てのやる気、大人として暮らすために必要な調整力とか、あらゆる頑張りをこの日に向けての全集中だったので、それが突然なくなってしまって腑抜けになってしまったのだった。

今回は結構深刻に落ちたんですけど、これはまずいということで、思い切ったことでもしてやろうかと思いたち、その落ち込みエネルギー↓をレーザーの熱エネルギー↑に変えて、身体にできた謎の赤いほくろとか、胸元の巨大化した黒子など、全て焼き尽くしてやりました。

前から気になってたけど、いまいち勇気出なかった。勇気がないと、こういう過激なことできない。

やけくそパワーでやってやりましたよ!

めちゃくちゃスッキリしました。

焦げる匂いをかぎながら、この煙にのっかって、鼻の天井裏にほくろが移動したら嫌だなーとか思いつつ、皮膚科の硬いベッドに横になっていたのだった。

ほんで、友達に誘ってもらって「祝祭の呪物展」に行った。呪いアイテムに添えられた説明を読んでいくと、ひとつずつにしっかりとした物語があって面白かった。
呪物は悔しさの塊なんだなと思った。誰か聞いてほしい対象がいて、この感情をなんとかして知ってほしい、そのために手段を選ばない切実さのエネルギーが攻撃に向かうとこのような物が生まれ、他の方に向かえば地蔵とか仏像、歌や絵などの芸術になるのかも?と思った。

でも、ここにあるものたちは、これだけたくさんの人に見てもらえて、メッセージを伝える役割をしたことで役目がほぼ終わってるように見えた。
どのアイテムも図録に収録された写真よりも禍々しさはあまりなく、顔も穏やかに見えた。特に赤ちゃん人形は、まるで家にお客さんが遊びに来てるときの子供の顔みたいだった。照れてるような、うれしいような。
図録にも「七五三のときの子どものように見える」って書いてあって、わかるー!てなった。チラシの写真も持ち主と仲良く収まっているところが、写真館の家族写真みたいだった。


帰り際にもう一回見ると、赤ちゃん人形の顔はなんとなくそっけなくなっていた。見知らぬ大きいお友達(お客さん)にも飽きて、家に帰りたくなってるのかも?と思った。親の友達とか、よく知らん大人にはそういうふうに接するよなー、自分の子供の頃を思い出してもそうだったなぁ。大人って、自分の好きなようにこちらを見てくるもんね……とか子供の頃の視線や景色など思い出した。かえるのいる田んぼ、特に何か獲れるわけではない雑木林など。


儀式の品は国立民族学博物館で似た感じのものを観たことあったけど、あちらは服でいうリアルクローズみたいなもので、ここのはもうちょい俗な感じのものかなー?と思ったが、あくまでも自分の感覚なのでどちらがより本物とかはわからない。
でも、正偽とか本物とか、人が考える理屈よりはるか手前にある、どうしようもなく生まれてしまった「そういうことってあるよな」ってところに落ち着く話が大集合していて、とても見応えあった。

思考の蓋がパカッてなる感じがあり、やたら語りたくなる展示でした。

不思議なものって余裕があるときじゃないと楽しめないから、心の平和がみんなにいつもありますようにと願ってる。

 

ばく

デスティニー!

劇場版ピングドラム観てきた。

あれから11年も経ってた…経ってるわ。

なんか長い長い11年だったなあ。

 

テレビのときはそんな思わなかったけど

冠ちゃんいい男だな。

わたしは苹果派ですが!

やっぱ苹果やば可愛いな。

はよ後編観たいぃぃぃ。

劇場でノルニル聴けて最高だった。

えつこの新曲も聴き込んで後編に備えよう。

 

レジェンズアルセウスでは黄色いリオル捕まえることができたので、のんびり色違い探しやってます。

逃げるポケモンに苦労しとるよ。

ロコンとミミロル欲しいよー。

 

今日はアニポケでキバナ戦なので戦々恐々だ。

 

わー。

 

 

とみこ

A先生ありがとう

わたしの初めての漫画本は「怪物くん」だった。

怪物太郎がめちゃくちゃ好きで

怪子ちゃんがめちゃくちゃ可愛くて

怪物3人組が愛おしくて

ほんとにほんとに好きな漫画なのだ。

 

20年前くらいにA先生の原画展に行ったら

前からA先生が歩いてこられて

わー!神様が!握手してください!!

って握手してもらったんよ。

そのあと夢見心地でぼんやり歩いてたら

滂沱の涙が。

いまでもあれは夢やったんかなあて思う。

 

A先生とF先生があの世で仲良くしあわせでありますように。

 

 

とみこ

tvkのみりき

なんかtvk開局50周年らしくて

ライブ映像いっぱい観れたので酒が進んだ。

気づくの遅くてRCとか観れんかったけど

バービーボーイズユニコーンは観れた!

うわああああ

番組は終わってしまったが、まだ飲みたいので

バービーボーイズのMV集DVD観てる。

めちゃくちゃいいんだよー、これが。

好きだった頃、わしは高校生だったが

大人になって酒飲みながらバービー聴けるの

めちゃくちゃ楽しいんだけど!

うおおお

でもやっぱ当時ライブとか行きたかったな。

若い人たちはどんどん現場に足を運ぶべきやね。

こんなご時世だけど、ライブハウスや映画館や劇場や美術館やスタジアムに足を運ぶべきやと思うわ。

うむうむ。

 

あー

コンタかわいい…。

 

 

とみこ

カラーバリエーションの魅力

ひたすらアルセウスやってる。

昨日ひかるおまもり入手したんだ。

リオルの黄色い子が欲しいんだ。

欲しいったら欲しい。

 

昨日はポケゴーで朝昼晩3度のイワンコレイドに走ってって参戦したんやけど

晩のイワンコが青かった!

毎日コツコツやってるといいことあるな。

 

夢の中でもありえない色違いのポケモンを捕まえたりしてる。

寝ても覚めてもポケモン捕まえてる。

やばー。

 

日々のニュースで心が荒んでくけど

ポケモンにいやされてるわ。

 

あっ、くらもちふさこ展に行きたい。

とりあえず画集手に入れて眺めてる。

わたしが好きなのはタチアオイ越しのそよちゃんと大沢くん。

あの絵すごい好きなんだ!

 

好きなものだけ食べたい人生だった。

 

 

とみこ

疾走感が好きすぎる

やー  まだまだ寒いすな。 ばくですよ。

あけましておめでとうございます。もう2月だが……12月にジャニーズ伝説、1月はジャニーズアイランドを観てきた話を書こうかな。

自分が7 MEN 侍を知ったのはバンド曲からなので、帝国劇場でしかやらないジャンルの歌やダンスを観て、貴重な体験させてもらったなと思いました。

ジャニーズの演目って、とにかく規模がでかいので驚かされる。

Jr.マンションって呼ばれる舞台セット、よくワイドショーとかで取り上げられるけど、実物は高さがえぐかった!人間がひとりずつ入れる、巨大な四角い本棚みたいなものがあって、その一コマずつにJr.たちがいて、太鼓叩いたり踊ったりするのです。

上の方はかなり揺れると思うので、みんなよく頑張ってると正直思うが、人気が出たらフライング、デビューしたらムービングステージとかやるのだから、高いところで歌い踊るのに慣れといたほうが良いのかも、と思ったりもした。

ほんで、みんな身のこなしがものすごくきれい。

骨格とか顔立ちが美しいのはもちろんだけど、舞台上を移動するだけでも、あんな美しくいられるのはマジですごい。子供の頃からの訓練の賜物だと思うので、努力の結晶を観させてもらっているんだなと、しみじみした。

なんかねー  ジャニーズのすごさ、美しさを説明する時って、いつも「村でいちばん最初に象やカバを見た人」みたいな気持ちになるんよ。

異次元の美ってあるんだなって思いますね。

 

あと最近はー  Netflixでドラマばっか見てる。

イカゲームがきっかけかも。

わし、セビョクが好きすぎて…

声の低さ、眼光の鋭さ、ジャージが余る細長いスタイル、横顔の美しさ……たまらんですね。

セビョク、なんとなく7 MEN 侍の矢花黎くんに似てるなと思う。骨格とか雰囲気含めて、別世界の双子のような感じする。

自分でもよくわからないのですが、セビョクもバナさんも、ちゃんと生きて存在している人という感じを受けます。もちろんセビョクは役柄でお話の中に生きる人、矢花くんは生きてる人間で性別も違うけど、アイドルなので物語が存在しているというところが同じ。

でもこの2人は、物語の中に生きていつつ、自分自身として、今いる世界に向けて真っ向勝負しているように見える。なんとなく、見ていてそういう感覚を覚えるんですよね。

ホヨンさんも矢花くんも、笑顔がくしゃってなってかわいいんだよねー。そんで、内に秘めてる熱がたまに見えるところが好きですわ。

 

ほんで、 イカゲームで弾みがついてしまい、

今、わたしたちの学校で(学園もの × ゾンビ)

キングダム(韓国時代劇 × ゾンビ)

地獄が呼んでいる(カルト宗教×モンスター)

を連続でみてしまった。

韓国のゾンビ、めっちゃ足が速いから見ていて気持ちよい。しかも集団で疾走するんだよね。もっともっと、ゾンビたちが走ってるシーンが見たくなる。

それで、一気見するクセがすっかりついてしまった。ただのゾンビじゃだめなのよね。人間離れした、あの疾走が無性に見たいんですな。

ゾンビは体力あってなかなか諦めないし、そういう不屈の魂めいたものがあるところにロックと似たものを感じるんだよね。

ロックも疾走感あるしエネルギーのかたまりってところが似てますよね

(むりやり)

はー  春になったらライブやりたいなー。

あとねー  管楽器もいいけど、ギターかベースやりたくなってるんです。そろそろやらないとー。だんだん新しいことが覚えられなくなってくるからな〜。

勢いが大事だよね

 

ばく

シロナさんに勝った

あけましておめでとうございます。

年末年始呆けてたのですが、思い立ったら吉日でチャンピオンロードをなんとか抜けてシンオウポケモンリーグに挑んできました。

わたしはゲームの中でも方向音痴なので、洞窟を抜けるのにも苦労しました。

そして疲労困憊しているところにライバルのジュンくんがポケモン勝負を挑んできた。

インファイトうちすぎやろー!

ふつーに苦戦しました。

ヒイヒイ言いながら四天王にも勝ちました。

するとチャンピオンのシロナさんが待ち受けていました。

つ、つよい。

5匹ひんしにされました。

最後の頼みのミュウがひんしになりかけたとき、二度も耐えてくれたおかげで、かろうじて、ほんまにかろうじて勝てた…!

長い長い戦いに勝てたとき、涙が溢れました。

おおおおお。

ポケモンバトルで泣いたの初めて…。

わたしもいっぱしのポケモントレーナーになれたんやな。

でも燃え尽きたので、明日からまたきのみおばさんに戻らせていただきます。

… … …

… … …

今年も楽しいこといっぱいやるぞー!!!

 

 

とみへん